FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のエンゲージリング&マリッジリング事情

007_20110211115429.jpg

「婚約指輪は給料の三カ月分」とか言われていたのはもう過去の話なのでしょうか・・・

いつの頃からかエンゲージリング(婚約指輪)の相場は安く、マリッジリング(結婚指輪)は高くなってきた様な気がします。

エンゲージリングを省略してその代わりにマリッジリングにダイヤを入れる、って人も結構いたりするので両者の総売上金額は今はほとんど変わらないそうです。

以前はデザインと言えば立爪オンリーで、高価な割に非実用性というか普段使いしにくいイメージでしたが最近では可愛いデザインの商品も多く、これは良い傾向だと思います。

上の写真はなるべく大きなダイヤを使い可愛いデザインでなおかつお安く、をコンセプトとして作ってみました。

1ctUPのダイヤを使い30万円位のお値段で出来上がったので大納得です。

地金代が高騰している事もあり、マリッジリングに意外と予算がかかりそうでエンゲージリングまで揃える余裕が無い・・・と言う話もよく聞くのですが。

下の写真はプラチナ枠に0.2ctのダイヤでお値段は5万円以下です。

マリッジリングでも10万円以上あたりまえの昨今、もう固定観念は必要無い時代がきた様ですね。

009_20110211163122.jpg
スポンサーサイト

韓流スター恐るべし・・・・

020_20100430101716.jpg

もう大分前の話になるのですが、今年のジュエリーベストドレッサーの一人に韓流スターの「イ・ビョンホン」さんが選ばれました。

上の写真はその時にプレゼントされたペンダントです。

表彰式の後にはプレゼントを受け取った受賞者は、その贈呈したメーカーに挨拶に行き記念写真、というのが大抵のパターンらしいのですが・・・

イ・ビョンホンさんの場合は挨拶どころか、会場がパニックになるのを避ける為に授賞式にも出る事が出来なかったそうです。

それでもこの商品はその日のうちに注文が殺到したそうです(当のメーカーさんは多くを語らないですが)

まぁこのデザイン自体も今かなり「旬」であり人気は高いですが・・・

お客様の中に「イ・ビョンホン」ファンがいないか探している今日この頃です

今年の注目アイテム!

030_20090121122058.jpg

2年程前からじわじわ人気上昇中だったブラックダイヤネックレス。

今年は正月特番で「キムタク」が着けていたという事で、かなり話題になっている様です。

上の写真のブラックダイヤ・・・・ではなくブラックスピネルネックレス
ダイヤの約20分の1の価格と言う事もあり、現在激売れ中です。

「スピネル」という石はあまり馴染みのない石ではありますが、石の性質としては
ルビー・サファイアに近く、もっと注目されるべきだと以前から思っていました。

遠い昔から、ルビーやサファイアに間違われて王冠等に使われたりして
何となく「まがい物」というイメージがあるのは確かですが・・・

硬度や屈折率の良さが逆に災いして、勝手に人間に間違えられて
「まがい物」呼ばわりされることは「スピネル」からすると、さぞかし不本意な事でしょう。

ひょんな事から注目を浴び始めた「スピネル」、なんだか応援したいですね

スウィングタイプペンダント

007.jpg

最近このスウィングタイプのペンダントをよく見かける様になりました。

その名の通り揺れるのですが、ベアリングが入っている為かなりよく揺れます。

ずっと昔にも流行った事があって、その頃は上の部分がぐるぐる回る指輪とかが

よく売れたのですが、修理とかも多くいつのまにか姿を消していました。

上の写真のペンダントもダイヤを1カラット使っていて結構いいお値段していたのですが

何か惹かれるものがあって思い切って仕入れると、すぐにお買い上げ頂きました

そう言えば・・・・・

sold46image.gif

このかなり似たデザインの18金のペンダントも仕入れてすぐに旅立って行きました。

「スウィングタイプ」今後注目のアイテムになるのは間違いなさそうです。

エナメル

016_20081109231651.jpg


最近よく見聞きする言葉で「エナメル」というのがあります。
「エマイユ」と表示されている事もありますが仏語表記で材質(技法)は同じ物だそうです。

日本でいう「七宝焼き」と呼ばれている物と同じ(厳密には少し定義が違う)
らしくて、あまり宝石屋で扱うイメージではないのですが・・・・

005.jpg

海外のブランドでは結構よく使われているらしく、そう言えば上のピアスも
某ブランドでよく見かけるデザインです。

006.jpg

あとアンティークジュエリーにもよく使われていて(上はアンティーク風ですが)

そう考えてみると「エナメル」は遥か昔から受け継がれてきた、伝統のある技法だと思えてきますね。

«  | HOME |  »

プロフィール

ジュブリーたかはし

Author:ジュブリーたかはし

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。